長野県駒ヶ根市の古民家で営む自家製天然酵母のパン屋、土ころの何気ない日々の一コマを綴っています。
スポンサーサイト

【2016/08/16 21:42】 |
トラックバック(0) |
2月にパン焼きツアーで四国に行った時
最後に焼かせて頂いた岡林立哉さん宅で動画を撮って下さった

こんな感じで焼き回ってきました

パン屋「土ころ」のドラム缶でパンを焼く  その1



パン屋「土ころ」のドラム缶でパンを焼く その2


【2015/04/03 19:30】 |
トラックバック(0) |
ドラム缶ぱん焼きツアー <松川町と岐阜県の各地>

去年の夏、ロケットストーブでぱんを焼きながら、1週間旅をした
焼ける!でも、もう少し効率的に焼きたい
10年以上前になりますが、「風のパン屋」の西村健さん(故人)が
ドラム缶でパンを焼いて旅をした
こんな人もいるんだ、と思いながらも、何かどこかにひっかかっていた
昨年秋、健さんと一緒に旅をしていた村井完江さんを訪ね、
そのドラム缶と旅のアルバムを見せてもらった
「わたしもやりたい!」
その時、ドラム缶窯のイメージが出来た
どこかで拾えたり、もらえたりしたらいいんだけどな

今年2月、突然訪れた豊丘村のなかや
「ドラム缶で窯を作りたいんです」と話すと
「何かその辺にあるかも」と
出てくる、出てくる
「みんな要らないものだからあげるよ」
tokiさん指導のもと、2時間足らずで出来ちゃった
その2日後、愛知県のお寺で焼いてみた
焼けた!理想通りのぱんが焼けた!
この窯、すごい!

ということで
子どもの春休みを利用して、ぱん焼きツアーとなったのだ
その様子を少しだけ
娘の撮った写真しかありませんが、、、

ドラム缶1

ドラム缶2

ドラム缶3

ドラム缶4

ドラム缶5

ドラム缶6

だいたい20分から25分ぐらいで焼ける
火加減の調節はよく分からない
勘が働いているのかも分からない
とにかく焼いて、焼いて、焼いて
なんとなーく、をたくさん経験するしかないのかな
その日の気温、風の有無、燃やす薪の種類や太さ、炎の広がり方
これによって焼き加減が変わってくる
ひとつとして同じパンは焼けない
だから、たまらなくおもしろい

【2014/04/05 21:46】 |
トラックバック(0) |
『娘にとってのぱん焼き旅 後編』

岐阜県羽島市の一乗寺
「木にみかんがぶら下がってるー」
と初めて甘夏が実っているのを見て感動
感動している目に感動してもらい、たくさんの甘夏を頂く
この日もたくさんの子供たち
お手伝いは半分で友達と戯れていた
「おかあちゃん、"ぱん"が"みかん"になったね
またいいことあったー!」

関市の小沢さんのお宅
仕込みスタート
いつものようにお手伝いっ子も台所に立つ
10分後、子供たちが起きてくると
「もうやらなーい!」
と遊び始める
結局この日一日中、母のそばには居なかった
「今日もいいことあったねぇ」
「うん、いっぱいいっぱい遊んだ!」

この一週間で娘が学んだこと
人の優しさ、温かさ
お金には換えられない物、こと、の意味
どこでも自分が楽しむこと

地図を見る前にリュックを背負う人でいいと思う

さあ、明日からピカピカの一年生
絶対いいことあるから、、、入学おめでとう

休みのお知らせ
明日4月4日(金)は
長男、二女の入学式の為、休ませていただきます

土ころ

【2014/04/03 15:14】 |
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
『娘にとってのぱん焼き旅』

3月25日~31日まで、6歳の娘と二人旅
私たち親子にとって、とても大きな卒園旅行になりました

「ドラム缶ぱん焼きツアー、行くひと~」
「はーい、行く行く~」
ということで3番目の子を連れて出発!
が、、、
「ねぇ、どういうところ?子どもはいるの?うちより古い?」
次から次へと不安質問続出
「お母ちゃんも全部初めてのところだから分かんないんだよ、
でも絶対いいことあるよ」

初日、次の日に焼かせてもらう大沢さん宅で
到着するや否や「卒園おめでと~」と五平もちを作ってくれていた
大好きなものを目の前に大喜び
得意な野菜炒めと味噌汁を作ったら、いっぱいほめてもらって
またまた大喜び
「おかあちゃん、本当だ、いいことあった!」

もりのいえにて
母を手伝う?ため5時半起床
はい、粉!
はい、ボウル!
あい、これ洗って!
居る者はどんどん使われてしまう
「しっかりした助手だねぇ」とほめられ有頂天
小さな友達FUKUちゃんと散歩に行けたし
おいしいご飯は食べられるし
「おかあちゃん、またいいことあった!」

カフェぷらな、では
おかまいできなくて~、それなのに
おにぎり、おだんご、焼き芋
「ありがたい、ありがたい」
SYOUKOさんのスペシャルランチに息子さんのケーキ
「おかまいできない、って言ってたのにいっぱいおかまいしてもらったね」
とのこと
「おかあちゃん、やっぱりいいことあった!」

こどもの”いいこと”は食べることが多い
当然なんでしょうね
まだ旅は続く、、、次回へ
 

【2014/04/02 20:13】 |
トラックバック(0) |