長野県駒ヶ根市の古民家で営む自家製天然酵母のパン屋、土ころの何気ない日々の一コマを綴っています。
野菜の保存。


いかに冬から春にかけて、


保存した野菜を食べることができるか。



極めて重要な課題であり楽しみでもある。



で、



穴を掘って藁をたっぷりと敷いてせっせと保存。



大根や人参など。



この仕事重要です。



この他にも白菜を別の方法で保存。



どこまで行けるのか!?


2011保存
スポンサーサイト

【2011/12/27 21:54】 |
トラックバック(0) |