FC2ブログ
長野県駒ヶ根市の古民家で営む自家製天然酵母のパン屋、土ころの何気ない日々の一コマを綴っています。
2/11(土)、ツナ君の地球の走り方講演を開催しました。


当日ツナ君は、中川村から自転車で土ころ入り。


しかも準備に追われ徹夜で登場。


さらに実際旅した荷物を積んで。


なのに着くなり、展示用にテントをを張って、グッズを並べて・・・


そんなツナ君がすごく楽しそう。


だから、会場づくりや1品付きのチャイづくりなどをしなくちゃいけないのに


ついついつられてツナ君のお手伝いをしてしまう。。


開始1時間前にたっぷりの味噌汁とパンと自家製野沢菜漬けでパワー注入。


ツナ君も、奥さんのさなえさんも、土ころ家も気合満点。


いざスタート。


たくさん来てくれるかな?という不安もなんのその。


来るは来るはで、あっという間に満員御礼。


ツナ君、徹夜が報われた。


あとは思う存分話してくれ。


子供たちに思いを伝えてくれ。


という思いでスタート。


ツナ君が経験して感じたことをスライドに合わせて


ストレートに、ダイレクトに伝えていく。


だから、聞いている人たちがどんどんツナ君ワールドに


染まっていくのがわかった。


楽ししくて素敵な時間だ。


ツナ君の思いに感動。


来て下さった方々も、実際に世界中を旅した人から


直に経験談を聞ける機会は貴重。と次々に言ってくださる。


やって良かった。


講演が終わった後も、子供たちから素朴な質問が。


きっと興味を持ったのだろう。


刺激を受けたのだろう。


と勝手に理解して、また満足。


来て下さった方々の中から、


刺激を受けて旅してきたよ!


なんて言葉を聞けたら嬉しいな。


土ころで講演してももらお。


ん~、良かった。


ツナ君ありがとう。


そして最後に、会場づくりや運営に協力して頂いたみんな。


ありがとうございました。


地球の走り方1
ツナ君、実際の旅衣装で登場!


地球の走り方2
さっそくみんな興味津津。


地球の走り方3
満員御礼。


地球の走り方4
終了後もみんな展示品に夢中。
泥水をろ過する装置を使ってみんなで試飲。
飲める!


地球の走り方5
プロジェクター、スクリーンの設置に協力してくれたバグースさん。
バグースさんなしでは今回の企画はありえません。
ほんとうにありがとう!
バグースさんの服、土ころでも取り扱ってます。


地球の走り方6
開始50分前に電話して、急きょ受付係として来てくれた
つるかご職人のつづらやさん。
いつもありがとう!
スポンサーサイト

【2012/02/13 20:26】 | 店での出来事
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック