FC2ブログ
長野県駒ヶ根市の古民家で営む自家製天然酵母のパン屋、土ころの何気ない日々の一コマを綴っています。
子供たちのひとコマ -末っ子編-



「何か切るものない?」


まな板の前に立ち包丁を持ってスタンバイ。


夕食の準備はいつも末っ子娘(4歳)と一緒だ。


じゃがいも、玉ねぎ、ごぼう、ふき。


切るものがなくなると、外からあさつきを採ってきて刻んでいる。


小さいころから、何度も何度も指を切ってきたから


さすがにもうお手のもの。


ただ・・・


土ころのぱんだけは切らせられない。。。
スポンサーサイト

【2012/05/24 23:11】 | 日常の出来事
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック