長野県駒ヶ根市の古民家で営む自家製天然酵母のパン屋、土ころの何気ない日々の一コマを綴っています。
今年の醤油作りが始まった
麹屋さんからくる麹に塩を混ぜる(塩切り)
そこに水を入れて混ぜる
これから約半年、天地返しをしながら育てていく
おいしい醤油ができますように。。。

自分で麹から作ってみたくなった
3年かけて、絞らない、ソース状の醤油を
よし!やってみよう!

20日(木) 
小麦4.5kgを炒る
21日(金) 
炒った小麦を粗く砕く
22日(土) 
大豆4.5kgを水に浸す
23日(日)
大豆を軟らかく煮る
小麦、麹菌、大豆を合わせ、麹箱に入れる
発酵スタート

ここまでは言われた通り、書いてある通りにやればよかった

24日(日)
縁側の日向に置いてあるがなかなか温度が上がらない
加温した方がいいのか、、、
いや、上がらないけど下がってもいない、20度かぁ      
待とう      
25日(月) 
同じ状態が続く
ときどき混ぜる
温度が上がってくるような気がした、根拠も自信も知識もないが、、
26日(火) 
午前中から上がり始める
あれっ?30度いってる、慌てて混ぜる
3、4時間経つと、ぐっと温度上昇。また混ぜる
夜中も気が抜けない

これだ!手ごたえを感じた。30度を超えないように、、、

27日(水) 
30度近くになる時もあれば18度まで下がってしまう時もある
分からない、でもほっとけば上がるからいいや
3時間おきに様子を見る、混ぜる、タオルで保湿する
今夜もタイマーが鳴り響く、、、
28日(木) 
2時間で温度が上がる、うわぁ、どんどん上がる
え?いつまで続くの?ほんのり緑っぽくなってきた
なんとなーくもう少し、という感じ
もう一晩続けよう

明日の夕方には塩切りができるかな
できますように

そして3月1日、完成とするには納得できず
まだ続いている

醤油麹
  
      
スポンサーサイト

【2014/02/27 20:54】 | 日常の出来事
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック