FC2ブログ
長野県駒ヶ根市の古民家で営む自家製天然酵母のパン屋、土ころの何気ない日々の一コマを綴っています。
直径51センチの、大きななべ
何に使うのか?
200サイズのドラム缶で、一度にたくさんのパンを焼きたくて
50センチ以上55センチ以下という微妙なサイズはなかなか無くて

一年前の夏、ロケットストーブでパンを焼く旅をしていた
最後の日、友達に紹介してもらったおそば屋さんで
「明日その辺で焼かせて下さい」
という無理を聞いていただき
焼けたパンに感動して下さった
それから何度かお店に来ていただき
その度にパン焼き話をしていた
2週間前、大きなドラム缶でパンを焼きたいこと
だからこんなサイズの大なべを探していることを話した
そして今日、「プレゼントします!」
「うわぁ、ホントですか~?」
本当に本当にありがとうございます

さあ、いろんな方々のご厚意で材料がだいたいそろいました
あとは加工、加工
ドラム缶窯、2作目ができますように!
スポンサーサイト

【2014/09/02 20:55】 | 店での出来事
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック