FC2ブログ
長野県駒ヶ根市の古民家で営む自家製天然酵母のパン屋、土ころの何気ない日々の一コマを綴っています。
この地へ来て間もないころ。


パン屋を志していたころ。


もう3年ほど経つだろうか。


そのころ庭に作った石釜。


耐火レンガを積んだだけなので、とてもパンを焼くことはできず、


3年間、ピザ用として活躍してくれた石釜。


その石釜を解体することにした。


それは・・・


なんて切なく感動的な理由ではない。


息子がとにかく野球好き。野球にあきくれている日々。


その姿を見ていたら、お腹いっぱい野球をさせてやりたいと思った。


上手かろうが下手かろうが、そんなことはどうでも良い。


そこまで熱中できることにめぐり合えたことがうれしい。


だからお腹いっぱいやらせてあげたい。


という訳で、庭にあるもの全て排除し、単管などで柱を立て、


ネットを張り、バッティング練習ができるようにしようと計画中。


という訳で、石釜移築中。


石釜1


石釜2
スポンサーサイト

【2010/10/06 20:24】 | 日常の出来事
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック